オッサンだけど中学生の数学からやり直す

数学には何度も挫折しているけれども、微積と統計の初歩くらいはマスターしたい。でないと理系の本もろくに読めないし、理系の論文の翻訳もできない。

中学の数学の本を三冊ほど買った。まず最初の一冊、『中1数学をひとつひとつわかりやすく』(永見利幸監修、学研、2009)を手に取る。
正直、どの本で勉強すればよいのかがググってもよくわからない。誰かが褒めていたので買ってみた。(「自分に必要な勉強は何なのかがわからない」ということが、まさしく「数学がわからない」ということのかなりの部分を構成しているのである!)

ぺらぺらとめくると、あまりに簡単すぎる。しかし、簡単だと思っているうちにいつの間にか(たしか中3のころ)挫折したのだから、きちんとやってみよう。書き込み式なので、一通りやってみればこの本はクリアしたことになるだろう、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です