8789 フィンテック グローバル〔銘柄メモ〕

・ストラクチャードファイナンスの手数料が主軸。設立1994。上場2005。
公式サイトIR情報
・東マ。時価371億@株価245円。ヤフー株価
・フィンテック=ファイナンス+テクノロジーの意らしい
・2015.07.01、埼玉県にムーミンのテーマパークをオープンすると発表。IR(PDF)
相場での愛称は「ムーミン」。

・社長:玉井信光。1963広島生。明治大商学部卒。オリックスにて航空機ファイナンスなど手がける(FPGみたいな仕事かな?)。1989上司と共に独立。

・2014.12.04社長動画 「フィンテック グローバル×モーニングスター 特別対談」

「弱み。金融はサポーター。実業の方を支援。我々だけで価値創造できない。自分たちが役に立てるパートナーを探してきた20年間」「投資も」「愛のある投資」「ムーミン、食品事業など」「あくまで投資銀行業務が一番伸びると思っている」「地方のインフラの証券化または市場から調達したお金で更新。ここが一番大事なマーケット」「VCが7年目で回収期に入ったので収益の踏み台に」「一番気にかけているのは持続性。リーマン前に派手な投融資で儲かり、リーマンで400億超の損失。目先の収益に集中せず、地方との関係を積み上げて証券を作っていく」

・原弘産・フージャースとの資本・業務提携という組み合わせがなんかおもしろい…。

2352 エイジア 〔銘柄メモ〕

・東マ。時価36億円@株価1574円
・Eコマース売上UPソリューションベンダー。メールを使った販売促進システムの提供が主力事業。大手・中堅企業クライアントにインターネットマーケティングソリューション(IMS)を提供。自社開発のCRMアプリソフト「WEBCAS」は、国内のメール配信ソフト市場でNo.1。
・メールの中身を自動的に受け取る人に最適化するシステム。
・ニュース2013.02.04「【経営者の言葉】エイジア:代表取締役社長 美濃和男氏」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?d=0204&f=business_0204_061.shtml&y=2013
「エイジアの経営を通じて、日本のGDPの底上げに貢献したい」「女性ばかりでメールマーケティング(MM)支援サービスを提供する株式会社グリーゼと国内・海外向けMMトータルソリューションを共同提供」「利益率の高いアプリ開発事業(売上高総利益率75.4%)の割合が増加」「メールアプリケーションのエイジアから『Eコマース売上UPソリューションを世界に提供するエイジア』を実現する」
・ブログ記事2014.06.28「2352 エイジア 14.3期 株主総会へ出席」
http://tryinvesting.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
「参加株主は20人程度」「〔社長は〕元銀行員のせいなのか、その落ち着きが妙に安心感」「新卒は5人募集で4人に内定を出しており女3、男1」「メールを送る道具を作る会社ではなく、インターネットを使って顧客が収益向上するための総合的な道具を提供するところにプレゼンスがある。Eコマースの仕組みが衰退しない限り、必ず成長出来る」
・ラジオ日経2014.04「東証+YOU~株式会社エイジア 美濃和男社長」
http://www.radionikkei.jp/podcasting/plusyou/2014/04/player-you-46.html
「一時間に300万通、内容を変えたメールを生成し送信できる。一秒間に1000通近く内容が違うメールが作れる。これは超高速、業界でトップです」「〔ライバルは〕日本で100社くらい。無料のもたくさん」「〔強みは〕当社はパッケージソフトを販売。汎用型ソフト。バージョンアップを重ねて、必要な機能は盛りこめているが、カスタマイズも積極的に受注」「受託開発に比べて費用・期間が数分の一」「パッケージベンダーは、カスタマイズは嫌がることが一般的。しかし当社はそのニーズに応える」「東南アジアを中心とした新興国でも戦う。価格では地元ベンダーに敵わない。カスタマイズは避けて通れない」「〔新興国は〕メールの利用度は低いが、スマホ普及の勢い。あるとき一気に利用されるようになると思う。今から布石、高いシェアを」「ネット普及率低く、若者人口多い。一気にマーケティング市場できる可能性」「BtoC型のEC事業者が顧客に多い。1000万規模の顧客にメール、商材も多い。その要求に応え、高いシェアを得ている」「〔M&Aについて〕手元資金が売上の割に多く、自社株も20%程度。M&Aも積極的に」「今はソフト販売がほとんど。サービス売上を伸ばしたい」「メールの中身も作って差し上げるとか、内容な頻度にかんするコンサル」「個人的な目標。10年後には、自社製品のグループ〔?聞き取れない〕で、日本のリーディングカンパニーに。10年後には売上10倍を目指す。ライバル多いが、売上10倍になれば自社製品型のソフトウェア会社としてはトップ10とかに」
・ニュース2015.05.27「エイジア、陸上自衛隊のアンケートシステム・メール配信システム導入事例を公開―10万人以上の応募を受け付けるイベント申し込みフォームを安定運用」
http://www.yomiuri.co.jp/adv/it/release/detail/00020952.html
・動画2015.05.24「IR STREET:「エイジア」 2015年3月期 決算説明会」

「売上10億3100万、前期比+2400万円(+2.4%)。小売業界への消費増税影響で低調。10-25%の伸びを維持できず申し訳ない。営業利益1億7800万。純利1億800万。人材積極採用で利益減」
・動画2014.11.20「IR STREET:「エイジア」 2015年3月期 第2四半期決算説明会」

「受け取った人が喜んでくれる内容だけで構成したメール=1to1メールを、一つのシステムだけで300万通、超高速。業界最速、世界でもトップレベル」「通販大手上位5社のうち4社が当社のWEBCASを活用」
・ニュース2015.05.25「エイジア、異業種各社と協業し女性の起業を支援 ―「女性の起業・これからの働きかた」を支援するコロコニ・プロジェクト」
http://www.azia.jp/release/000856.html
・ニュース2012.12.07「日本発のソフトウェアを世界に!MIJSが取り組む地方活性化とグローバル化」
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1212/07/news001.html

4816 東映アニメーション 〔銘柄メモ〕

・東映系のアニメ制作老舗。
・ジャスダック。時価518億円@株価3700円。設立1948、上場2000。
・売上300億円、営利38.5億円(16年予)。連569人。
・東映が33.5%の筆頭株主。テレビ朝日15%。フジメディアHLD10%。
・高木勝裕社長。
・映画『ワンピース』が大ヒット。
・中国、アプリゲームでの収益伸長を期待。
・海外での劇場作品先行公開を模索。
・経営理念「世界の子どもたちと人々に『夢』と『希望』を与える“創発企業”」「21世紀映像世界の主軸としてのアニメーション業界No.1を目指す」「デジタル画像表現のデファクト・スタンダードの位置づけとなることを、目指す」
・「2017年の新スタジオ竣工後(予定)には、リニューアルしたスタジオでの見学会等の開催を検討してまいります」

4814 ネクストウェア 〔銘柄メモ〕

・DBシステムのアウトソーシング。システム受託開発の事業割合100。
・ジャスダック。時価23.7億@株価221円。設立1990、上場2000。
・売上31億、営利8千万(16年予)。連491人、単250人、年559万円。
・豊田崇克社長。動画2012年
http://shachomeikan.jp/presidents/10061402/
「無人工場の制御システム開発時代、月400時間とか働いてた」「眠る時間がなかったが、次の仕事がすぐしたいという時代。幸せな思い出」「勤めてた会社が経営的におかしくなり、その会社の大阪の会社の資本をバイアウトという形」「貸し渋りという言葉の流行っていた時代」

3261 グランディーズ 〔銘柄メモ〕

ヤフー株価
・東マ。時価13.1億円@株価1040円。
・大分・宮崎地盤の不動産。年収300万円をターゲットにした低価格の建売住宅販売が軸。個人富裕層への投資用一棟マンションも。分譲マンションも。2014年上場。
・社長のブログ「田舎ではたらく社長のブログ」http://ameblo.jp/kamei/
ほぼ毎日更新。
・売上24億、営利3.6億(16年予)。
・亀井浩社長。1970年生。職人出身。最初は床を貼る職人として独立。「自分もいつか元請けの社長になりたい」
・マザーズIPO当日の社長動画 https://www.youtube.com/watch?v=FYQFbr-KRRc
「戸建ては2000万円程度でフラット35適用。用地取得から引渡しまで4か月と高回転」「従業員数16名」「完成在庫、借入金を持たない経営」「年収300万円はどの地方でも一番のボリュームゾーン」「大手がこの価格帯で勝負を挑んでくることはない」「性能を維持してコストダウンで提供が強み」「株価は多少残念」「堅実に成長していきたい」

5943 ノーリツ〔銘柄メモ〕

・5943=3*7*283。
・東1.時価1127億円@株価2220円。
・ガス風呂釜、給湯器大手。國井社長「ガス・石油給湯機器の国内シェア約40%のリーディングカンパニー」
・グループビジョン「新しい幸せを、わかすこと。」
・営業利益100億円を目指す。売上2450億(16年予)。中期計画「Vプラン16」。
・1951年3月10日、兵庫県神戸市にて太田敏郎が「能率風呂工業株式会社」として設立。本社:兵庫県神戸市中央区。
・2008年にガスファンヒーターを生産発売開始。
・社長:國井総一郎。研究・開発部門出身、営業経験なしで2009年に就任。
・2015.04.24「ノーリツ社長 國井総一郎 新製品を出し続け“原点回帰”で立て直す」週刊ダイヤモンド http://diamond.jp/articles/-/70524
國井社長「湯まわり生活設備機器の世界で、独創的な新製品を開発することで成長してきた会社」「07年~08年と2年間続けて当期純利益が赤字」「国内事業は減収減益ですが、海外事業は増収増益」「2020年を迎える頃には国内事業の連結売上高は2000億円、海外事業は同1000億円、トータルで同3000億円の規模になっていたい」「そのためには、“非連続な変革”が必要なことから、今後は国内外でのM&Aを含めてさまざまな可能性を視野に入れてチャレンジしていきたい」「新製品を開発し続ける会社であり続けることが大前提」
・「ロケットボイラー(現アールビー)」と「ハーマン」を建て直す。
・2008年、米投資ファンドのスティール・パートナーズが敵対的TOBを仕掛けるも、最終的には撤退。
・2014年、奥州で創業100年の温水器機専業メーカーduxを買収、子会社化。
・NORITZ TV-CM「おいしい呪文篇」30秒  北堀真希
https://www.youtube.com/watch?v=3uZrRCqA5vU